システムエンジニアのまたーりぶろぐ


システムエンジニア、たまにはまったり行きましょう
by b6uicqt1y5
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:未分類( 66 )


JR貨物はねられ女性死亡、10万人影響 京都(産経新聞)

 8日午前7時5分ごろ、京都府大山崎町大山崎竜光のJR東海道線の宝寺踏切で、70〜80歳ぐらいの女性が、新座貨物ターミナル(埼玉県)発梅田貨物ターミナル行き下り貨物列車にはねられ、間もなく死亡した。

 向日町署によると、女性は遮断機を持ち上げて線路内に入り、列車は非常ブレーキをかけたが間に合わなかった。同署は自殺の可能性があるとみて、身元の確認を急いでいる。

 JR西日本によると、この事故で午前10時半現在、上下線70本が運休、計40本が最大2時間遅れ、約9万人に影響が出た。

【関連記事】
大阪で鉄道乱れ影響13万人超 信号不具合や人身事故連続
朝の地下鉄御堂筋線が一時運休4万人影響 大阪、駅で人身事故
JR山陽線大久保駅で人身事故 兵庫県明石市
農研機構職員に停職12カ月 飲酒運転で人身事故
JR福知山線で置き石 4千人に影響
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

<小4男児死亡>強風でバックネット倒れ 山口(毎日新聞)
<口蹄疫>西都市で新たに感染の疑い 289例目(毎日新聞)
「死にたくなる」女子高生が駅で飛び込み自殺?(読売新聞)
危ない市議会開会…ヘルメットで地震に備え(読売新聞)
宮城県警に発足した「海燕隊」の使命は…(読売新聞)
[PR]

by b6uicqt1y5 | 2010-06-15 15:52

ネット選挙運動解禁、公正性確保など課題山積(読売新聞)

 与野党は26日、夏の参院選に向け、選挙期間中のホームページの更新を認めるなどインターネットを利用した選挙運動の解禁で足並みをそろえた。

 しかし「参院選での解禁ありき」の議論は否めず、公正性の確保など問題点は山積しており、本格的な解禁は今後の課題として先送りされた。

 ◆待ったなし

 「第一歩を踏み出した点では非常に大きかった」

 各党協議会で座長を務めた民主党の桜井充参院政策審議会長は26日、合意をまとめあげてほっとした表情を見せた。

 桜井氏が指摘するようにネット選挙運動の解禁は、総務省の研究会が2002年にホームページの更新容認を求めてから9年越しの課題だった。ネットに関する議員の理解が乏しかったことや、ネットを使えない有権者への配慮もあり、見直し論議は進まなかった。

 しかし、総務省によると昨年末の国内のネット利用者は9000万人を超えるなど、議員や政党の政治活動もネットの恩恵に負うところも大きくなっている。昨年の衆院選では、民主党や自民党などが「通常の政治活動の一環」と主張して選挙期間中のホームページ更新に踏み切るなど、なし崩し的な「解禁状態」となっており、見直しは待ったなしになっていた。参院選が迫り、今年4月にようやく協議の席についた各党は、文字通りの突貫作業で合意をまとめ上げた。

 ◆抜け穴

 自民党は今年4月、ホームページとブログの更新に加え、メールや簡易投稿サイト「ツイッター」も解禁する公職選挙法改正案を衆院に提出した。しかし、各党協議では、メールについて、民主党などから「誹謗(ひぼう)中傷に使われる」といった慎重論が出て、今回の解禁の対象から外された。「ネットを使えない人にも配慮すべきだ」といった声もあがり、26日の合意は「各党の主張の最大公約数」(自民党幹部)をとりあえずまとめたものとなった。

 与野党は今回の合意を踏まえ、ネット選挙運動に関する具体的な運用指針を近く作成する方針だ。

 しかし、実際の運用には課題も多い。

 例えば、爆発的に利用者が増えているツイッターの扱い。各党協議では「なりすましによる虚偽情報を防げない」といった懸念が出たが、受け手の意思に関係なく送りつけることができるメールと違い、ツイッターは読む人が自分の意思で閲覧するためホームページやブログとの区別が難しい。このため与野党は、ツイッターを解禁対象から除外せず、候補者に利用の自粛を呼びかけることで折り合ったが、今回の与野党合意に参加していない新人候補者らへの自粛が徹底できるかどうか不透明だ。

 また、与野党は、電子メールによる選挙運動の解禁を今回見送ったが、膨大な情報がやりとりされるネット空間で、こうした禁止事項が守られているかを確認することは極めて困難だ。

 与野党は今回の見直しを踏まえ、参院選後に改めて協議を行う方針だ。

JFN配信9月末まで延長 Kiss−FM放送中止を回避(産経新聞)
ネット選挙、夏の参院選からの解禁で最終合意(産経新聞)
岩手県の達増知事「福島氏罷免はまずい。約束守るべきだった」(産経新聞)
伸び悩むW杯観戦ツアー=治安悪さや日本代表不振で―サッカー(時事通信)
ゾウガメ 39年ぶり復活 ガラパゴス諸島(毎日新聞)
[PR]

by b6uicqt1y5 | 2010-06-03 22:25

小沢氏、郵政改革法案の会期内成立を強調(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は24日、党本部で開いた定例記者会見で、全国郵便局長会(旧全国特定郵便局長会)や日本郵政グループ労働組合(JP労組)の念願である郵政改革法案を今国会で成立させることを改めて表明した。6月16日の会期末まで3週間あまりとなり、国会日程は窮屈だが、民主党は採決強行も辞さずに成立を図る方針だ。

 小沢氏は会見で、「小泉まやかし改革の産物が(自公政権による)郵政の改革だ。全国の郵便局を回っていると、さまざまなひどい実態を聞いている」と述べた。そのうえで「小泉郵政改革は国民に利便も、なんらのプラスもメリットももたらしていない。私どもはそれを正すと約束してきた。全力で今国会中に成立を期すのは当然の任務だ」と強調した。

 郵政法案は衆院で審議入りしたが、「審議日程としては大変厳しい状況」(小沢氏)にある。民主党は6月上旬に衆院通過、ただちに参院審議に入り、会期末までの駆け込み成立を目指している。

 自民党は小泉郵政改革を否定する郵政改革法案に反発し審議拒否戦術をとる可能性もある。だが、与党は衆参両院とも数の力で押し切る構えだ。

 与党側は強引な審議日程のセットや強行採決で世論の批判を招くリスクも抱える。しかし、小沢氏は、予想される参院選の公示日(6月24日)が1カ月後に迫る中で、郵政改革法案を成立させ、郵便局長会やJP労組の組織票を固める方が得策と判断したようだ。

【関連記事】
郵政改革法案、成立約束 小沢氏が郵便局長会であいさつ
「政府出資、問題ない」郵政改革法案で亀井氏が欧米に反論
脅かされるJA、信組の収益源 国家ファンド「財投の復活」
小沢氏、郵政票に秋波 改革法案成立、局長会で宣言
喉から手が出る郵政票 小沢氏、法案成立を約束 
虐待が子供に与える「傷」とは?

水島信金職員、1億円超着服=発覚後連絡取れず―岡山(時事通信)
<医療事故>ガーゼ取り残し、25年後に摘出 長崎(毎日新聞)
供述調書作成せず=大久保元秘書、約4時間聴取―東京地検(時事通信)
乳酸菌飲料「ピルクル」に酵母混入、自主回収(読売新聞)
放鳥トキ、ひな誕生難しく=カラスが卵奪う―環境省(時事通信)
[PR]

by b6uicqt1y5 | 2010-05-27 18:24

国内各セグメントが伸長し売上高4.4%増―テルモ(医療介護CBニュース)

 テルモは5月12日、2010年3月期(昨年度)決算を発表した。国内では「ホスピタル」「心臓血管」など4セグメントの売上高をいずれも伸ばすとともに、海外でも為替の影響を受けながら売上高を伸ばし、全体での売上高は3160億円(前期比4.4%増)、営業利益は633億円(17.1%増)、経常利益は636億円(21.0%増)、純利益は407億円(10.4%増)だった。

 同社は昨年度、「ホスピタル」「心臓血管」「血液」「ヘルスケア」の4カンパニーで事業を展開。協和発酵キリンと共同開発した、薬剤があらかじめ満たされた注射器「プレフィルドシリンジ」の売り上げ拡大で「ホスピタル」商品が1193億円(前期比4.1%増)、カテーテル商品全体の売り上げ拡大で「心臓血管」商品が392億円(16.5%増)などと伸長した。また、新型インフルエンザの流行に伴う電子体温計の需要の増加で「ヘルスケア」商品が57億円(21.5%増)、血液バッグや成分採血システム商品の好調な推移により「血液」商品が97億円(7.2%増)と、いずれのセグメントも売り上げを伸ばした。これらにより、国内売上高は1739億円(7.3%増)になった。

 海外では、カテーテル商品を中心に心臓・血管領域商品群が欧米、アジアなど各地域でそれぞれ二桁の売り上げ伸長(現地通貨ベース)。海外全体での売上高は、現地通貨ベースだと10.5%増と大きく伸びたが、円に換算すると、伸び率は1.0%にまで圧縮される。

 今年度には、4カンパニーのうち「ホスピタル」から糖尿病事業を独立させ、4月1日付で新たに「糖尿病カンパニー」を発足。同社の広報担当者によると、糖尿病患者は今後、グローバルに拡大すると見込まれていることから、市場拡大に合わせた体制づくりを可能にするのが目的。昨年度の糖尿病関連商品の売り上げは国内で50-60億円、海外で5億円。

 同社では、今年度の予想として全体の売上高は3330億円(5.4%増)、営業利益は652億円(3.0%増)、経常利益は650億円(2.2%増)、純利益は415億円(1.9%増)と予想している。


【関連記事】
テルモと帝國製薬が医療用麻薬製剤で業務提携
未承認医療機器、早期導入の要望を募集―厚労省
医療機器のマニフェスト提言を了承−民主党議連作業チーム
規制緩和で「成長産業化」狙う−民主党・医療機器作業チーム
「医療機器は成長産業」−民主議連作業チームが初会合

<内閣支持率>続落23%「危険水域」近づく(毎日新聞)
<静岡空港>日航福岡便、実績搭乗率64.5%(毎日新聞)
医療・介護連携テーマに6月にセミナー(医療介護CBニュース)
<もんじゅ>排気モニター故障で警報 環境には影響なし(毎日新聞)
重体女児が死亡=逮捕の母親、虐待疑いも―静岡県警(時事通信)
[PR]

by b6uicqt1y5 | 2010-05-18 22:37

パロマ元社長らに有罪=CO中毒死、執行猶予付き−湯沸かし器事故・東京地裁(時事通信)

 パロマ工業(名古屋市)製のガス瞬間湯沸かし器による一酸化炭素(CO)中毒死事故で、業務上過失致死傷罪に問われた元社長小林敏宏(72)、元品質管理部長鎌塚渉(60)両被告の判決が11日、東京地裁であった。半田靖史裁判長は弁護側の無罪主張を退け、小林被告に禁固1年6月、執行猶予3年(求刑禁固2年)、鎌塚被告に禁固1年、執行猶予3年(求刑禁固1年6月)を言い渡した。
 製品自体の欠陥ではなく、修理業者の不正改造によって引き起こされた事故で、メーカー側トップの過失責任が問えるかが焦点だった。
 検察側は、事故情報を統一的に把握していた両被告だけが全国的な対応を取ることが可能だったのに、抜本的な対策を取らなかった過失があると指摘。過去に死亡事故が多発しており、事故は予測できたとしていた。
 これに対し弁護側は、修理業者は別の事業体で、2人には製品の点検や回収をさせる義務はなかったと主張。注意文書の配布や講習会の開催など、事故防止に必要な対応は取っていたとした上で、「事故は予見できず、回避もできなかった」と無罪を訴えていた。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「パロマ工業製湯沸かし器事故」
パロマ元社長らに判決へ=CO中毒死、無罪主張
パロマ中毒死、11日判決=元社長ら無罪主張
重体の女性が死亡=東京・足立のアパート放火
北ガス、担当者2人に罰金刑=元支店長らは不起訴-14人死傷ガス漏れ・釧路簡裁

首相動静(5月5日)(時事通信)
<小1重傷>捜査車両がはね 兵庫・伊丹(毎日新聞)
<男児遺体>万引きで逮捕の夫婦の車から発見 茨城・高萩(毎日新聞)
女性店長「出て行け」、チェーンソー男退散(読売新聞)
ユズやスダチを試験栽培=気候変動、温暖化に対抗−「生産作物広げる狙い」・山形(時事通信)
[PR]

by b6uicqt1y5 | 2010-05-11 16:19

「基地移設反対」染まる徳之島 「甘い汁はいらない」(産経新聞)

 政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設先として検討している鹿児島県徳之島で、18日に行われた反対集会参加者は島民の6割に当たる1万5千人(主催者発表)に膨れ上がり、徳之島町中心部の漁港は「反対」のプラカードを手にした島民で埋まった。鳩山由紀夫首相は現地入りに意欲は示すものの、島が「反対」一色に染まりつつあるなかで二の足を踏んでいる。賛成派も明確な方針を示さない政府に不信感を募らせている。(宮下日出男、尾崎良樹)

 集会には移設に反対する天城、伊仙、徳之島の3町長も顔をそろえた。

 「振興策という甘い汁はいらない。飲んだら毒になる。戦いは今、始まったばかりだ!」

 3町長を代表して壇上に上がった伊仙町の大久保明町長が声を張り上げた。かつて保岡興治、徳田虎雄両陣営が衆院選のたびに「保徳戦争」を繰り広げた徳之島の中でも、南部の伊仙町は最も政争の激しかった町だ。選挙制度の変更でのどかさを取り戻した島に「基地」という政争のタネが突如もたらされた。

 移設先に有力視される徳之島空港を抱える天城町の大久幸助町長も集会後、「政府は八方ふさがりになった。これだけ集まったのだからもうあきらめてほしい」と言い切った。

 ≪政府ちぐはぐ≫

 もともと徳之島が反対一色だったわけではない。主要道路の随所に「米軍基地反対」との看板が掲げられているが、振興策を当て込み、移設を支持する島民も少なくない。徳之島を含む奄美群島の1人当たりの年間所得は都道府県最下位の沖縄県より低いからだ。

 「仕事が増えるなら基地受け入れも仕方がない」

 天城町の農業男性(37)はサトウキビ畑で作業をしながら語った。だが、鳩山首相、平野博文官房長官ら政府の動きはちぐはぐなままだ。

 ≪首相「行きたいけど…」≫

 「徳之島に行って、しかるべき人に会いたい。だけど平野君が止めるんだよ」

 首相は先週、周囲に徳之島への思いをもらした。沖縄にも近く、2千メートルの滑走路もある徳之島は「県外移設」にこだわる首相にとって切り札的存在だった。もっとも、首相の思いだけが先行し、政府全体として移設に向けた取り組みをしてこなかった。賛成派住民が航空運賃引き下げなど6条件をまとめるなど受け入れ準備に動いたにもかかわらずだ。

 地元にも政府側が正式な説明をしたことはなかったため、かえって反対運動の拡大を招いた。反対の声の高まりに慌てた平野氏は8日、徳田氏の次男の徳田毅衆院議員(自民)に協力を要請したが、断られた。

 首相が乗り出したところで、米政府が移設先の条件として求める「地元合意」を得ることが難しい状態にまでこじれている。

 賛成派の元天城町議会議長、前田英忠氏(62)は17日、対応の遅い政府への不満をぶちまけた。

 「早く結論が出ないと、こちらは動けない。政府は結論を出すどころか、勝手にばたついて、反対をあおっている」

【関連記事】
【甘口辛口】4月19日
普天間移設 「勇気ない」「暗い顔…」平野氏批判相次ぐ 
普天間移設「首相は命がけ」 国民新党・下地氏
普天間問題 徳之島で1万5千人が移設反対集会
「友愛」で日本は守れない 岡田外交“不作為”の意味 
外国人地方参政権問題に一石

<首長新党>18日旗揚げ 杉並区長が代表に(毎日新聞)
市長不信任案を否決=阿久根市議会−鹿児島(時事通信)
【GW】首都高が渋滞予想を公開(レスポンス)
モスバーガーに64歳ナタ強盗…家なく金なく(読売新聞)
カラスの巣が原因で停電、藤沢で2200世帯(産経新聞)
[PR]

by b6uicqt1y5 | 2010-04-24 13:10

名古屋市議会 恒久減税など再提案 可決可能性低く(毎日新聞)

 名古屋市議会臨時会が19日開会した。河村たかし市長は、「主権在民3部作」と位置づける市民税減税の恒久化▽議員報酬の半減▽地域委員会拡大のための補正予算−−の3議案を提案した。いずれも2月定例会で修正・否決されたばかり。河村市長は異例の年度初めの臨時会招集でリベンジを図るが、この3議案が可決される可能性は低い。

 河村市長はこの日の市幹部会で「議会の向こうの市民225万人の方を向いて、究極の情報公開のつもりで臨みたい」と議会に挑む決意を表明した。

 議会で市長は「私の最も根本となる施策が圧倒的多数で修正・否決され、心の底から憤りや民主主義の危機を感じた」と臨時会招集の理由を説明。2月定例会では、議員報酬半減案とセットで議員定数半減案も提案したが「(定数が)現状で良いという認識はないが、民意の収束を待って別の機会に」と、定数半減案の提案を今回見送ったことを釈明した。

 2月定例会の閉会から1カ月もたたないうちの臨時会招集について議会内には疑義を唱える声も多い。議会側は16〜18日、市民向け議会報告会を開催したばかり。【高橋恵子】

【関連ニュース】
名古屋市議会:条例に基づく初の報告会 市民100人参加
名古屋・河村市長:持論展開「減税しないと天下り天国に」
河村名古屋市長:応援団長に俳優の菅原文太さん
名古屋市議会:主要会派、ビラ全戸配布へ「市民の理解を」
名古屋市臨時会:19日招集 定数維持、報酬半減案調整も

タケノコ 収穫ピーク 北九州の観光園(毎日新聞)
<掘り出しニュース>空腹にたえかね、他人の家で野菜炒め調理中に御用(毎日新聞)
切手7530円分着服、書記官を免職=横領容疑で告発も−岐阜地裁(時事通信)
女性遺体 福岡のふ頭付近で胴体発見 諸賀さんか(毎日新聞)
外国人参政権「一万人大会」 UIゼンセン同盟「組織として反対」(産経新聞)
[PR]

by b6uicqt1y5 | 2010-04-21 19:49

ベトナム原発受注へ尽力要請=岡田外相(時事通信)

 岡田克也外相は14日夕、外務省でベトナムのフック計画投資相と会談した。外相は、同国の原子力発電所建設計画に関し「わが国がパートナーに早期に選ばれるよう支援してほしい」と述べ、日本企業が受注できるよう尽力を求めた。フック計画投資相は「日本の原発の安全性と技術を高く評価しており、原発分野で今後日本と協力していくことを希望している」と応じた。 

【関連ニュース】
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

川島海荷主演映画で広末涼子のデビュー曲をUmika as Yamakoがカバー!
大阪・住之江で路上強盗(産経新聞)
武市瑞山あて書状を公開=各藩志士の連携説く−竜馬が届ける・高知(時事通信)
ゼンセン同盟 外国人参政権付与反対へ 政府・民主の強行牽制(産経新聞)
警部補「実績上げたい」盗難捜査書類うそ記載、停職(産経新聞)
[PR]

by b6uicqt1y5 | 2010-04-19 22:23

【新・関西笑談】喜びを力に、共に生きよう(4)(産経新聞)

 □「スペシャルオリンピックス日本」理事長 有森裕子さん

 ■泣いている暇があるのなら 何ができるか考えるのが私の役目。

 −−大変なところへ行ってるのに淡々としてます

 有森 世界中に大変なところがあるのに、いちいち泣いていたらやってられませんよ。カンボジアマラソンは毎回、運営するのでバタバタしているし、国連も問題解決のために行っているわけですから、どんどんアイデアを出さないと。冷たいように聞こえますけど、すごい現場を見て嘆息している暇がないのが正直なところです。

 −−はじめからそんな感じですか

 有森 実は1回だけ泣いたことがあるんです。国連の親善大使として、初めてカンボジアへ行ったときですね。

 −−何がありましたか

 有森 シビアな話になりますけど、病院で出会ったエイズの女性が当時の私と同じ30歳代の人だったんです。べッドのそばに女性のお母さんがいて、私に年齢を聞いて「長寿でいてくださいね」と声をかけてくれたんです。

 −−30過ぎの人にいう言葉ではないですよね

 有森 彼らは病院で、日々エイズで死んでいく人を見ているわけです。いずれは自分の娘もそうなる。そういう状況の中で出てきた言葉だと気づいたとき、さすがにその場所にいれなくてですね。外で泣きましたよ。でもその瞬間、なぜか気が付きました。泣きたいのは彼女の方だろうが、とね。

 −−それはそうですね

 有森 その女性は夫から感染していて、その夫はエイズの知識がなくてそうなったわけですから。知ってたらなってないわけで。子供もいるのにですよ。そりゃあ、泣きたいのは、そのエイズにかかった娘さんであり、お母さんでしょう。そのお母さんに気遣われて泣いていたんではしようがないでしょうがと。

 −−何のために現場に行ってるのかということですよね

 有森 そうなんですよ。泣いている暇があったら、何ができるのかを考えるのが自分の役目だと。はっとわれに返ったんです。そのときに気づいたから、今も活動を続けられているわけですけど。

 −−国際援助の現場ではどうしても涙を誘いがちですね

 有森 それは現場でよく言われます。テレビでかわいそうな場面を見ている人はそれでいいですが、現場に行くと取材も写真もいいから、この現実をどうにかしてくれと訴えられます。それが現実なんですよ。日本は相変わらず、途上国の現状を紹介するのにお涙ちょうだいが主流なので、現場でしっかり活動するという感覚があまり育ってない。現場感覚を持った人を育てたいですね。

 −−途上国に行くと、どうしても物売りの子供にお金をあげたくなる

 有森 そんなことしたらあとでえらいことになりますから。1回目のカンボジアマラソンの時、子供から何か買おうとしたら子供が私めがけてざーっと寄ってきた。見ていると、その中で買ってもらえる子とそうでない子がでてくる。国連でインドにいった時に「絶対お金をやらないでくれ」といわれましたね。お金あげたら自分は気持ちいいかもしれないけれど、無責任にものをパーンとわたして。自分は日本に帰っちゃうわけですからね。(聞き手 北村理)

<シカ被害>山林食害は古着で撃退 山梨の農家(毎日新聞)
「アバター」海賊版DVD所持=著作権法違反、露天商を逮捕−大阪(時事通信)
力士暴行死 「減刑は残念」斉藤さんの父(毎日新聞)
<北九州社長殺害>解雇通告で逆上か 「雑用ばかりで不満」(毎日新聞)
ペット死体、業者が投棄…経営者の元町議逮捕へ(読売新聞)
[PR]

by b6uicqt1y5 | 2010-04-12 22:39

<金星探査機>「あかつき」打ち上げのH2Aロケットを公開(毎日新聞)

 三菱重工業は2日、来月18日の金星探査機「あかつき」打ち上げに使われるH2Aロケット17号機を、ロケット製造部門の飛島工場(愛知県飛島村)で報道陣に公開した。

 17号機は全長53メートル、直径4メートル。すでに完成し、8日から種子島宇宙センター(鹿児島県南種子町)へ海上搬送される。

 H2Aは01年に1号機が打ち上げられた。7号機以降はすべて打ち上げに成功。09年1月には韓国の衛星打ち上げを受託し、海外から初の契約を獲得した。

 飛島工場では今夏打ち上げ予定の18号機の出荷前検査と、年度内に打ち上げるH2B2号機の組み立て作業も行われている。鈴木博工場長は「より多くの受注を得られるように、打ち上げ成功率100%を目指して完ぺきに生産する」と語った。【宮島寛】

【関連ニュース】
NASA:月のクレーターに氷6億トン
小惑星探査機はやぶさ:地球帰還が確実に 軌道に到達
JAXA:「あかつき」と「イカロス」公開 5月打ち上げ
惑星の素顔が見えてきた/1 進む太陽系の探査
小惑星探査機「はやぶさ」

クラゲ展示 ノーベル賞の下村さん、山形県の水族館訪れる(毎日新聞)
宅八郎氏を起訴猶予 脅迫容疑で書類送検(産経新聞)
シー・シェパード元船長 傷害罪でも立件へ 東京地検(産経新聞)
権限移譲に閣僚抵抗 看板倒れの政治主導(産経新聞)
夫に火を付けられ入院中の妻、死亡 茨城・美浦(産経新聞)
[PR]

by b6uicqt1y5 | 2010-04-07 22:53