システムエンジニアのまたーりぶろぐ


システムエンジニア、たまにはまったり行きましょう
by b6uicqt1y5
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

JR貨物はねられ女性死亡、10万人影響 京都(産経新聞)

 8日午前7時5分ごろ、京都府大山崎町大山崎竜光のJR東海道線の宝寺踏切で、70〜80歳ぐらいの女性が、新座貨物ターミナル(埼玉県)発梅田貨物ターミナル行き下り貨物列車にはねられ、間もなく死亡した。

 向日町署によると、女性は遮断機を持ち上げて線路内に入り、列車は非常ブレーキをかけたが間に合わなかった。同署は自殺の可能性があるとみて、身元の確認を急いでいる。

 JR西日本によると、この事故で午前10時半現在、上下線70本が運休、計40本が最大2時間遅れ、約9万人に影響が出た。

【関連記事】
大阪で鉄道乱れ影響13万人超 信号不具合や人身事故連続
朝の地下鉄御堂筋線が一時運休4万人影響 大阪、駅で人身事故
JR山陽線大久保駅で人身事故 兵庫県明石市
農研機構職員に停職12カ月 飲酒運転で人身事故
JR福知山線で置き石 4千人に影響
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

<小4男児死亡>強風でバックネット倒れ 山口(毎日新聞)
<口蹄疫>西都市で新たに感染の疑い 289例目(毎日新聞)
「死にたくなる」女子高生が駅で飛び込み自殺?(読売新聞)
危ない市議会開会…ヘルメットで地震に備え(読売新聞)
宮城県警に発足した「海燕隊」の使命は…(読売新聞)
[PR]

# by b6uicqt1y5 | 2010-06-15 15:52

ネット選挙運動解禁、公正性確保など課題山積(読売新聞)

 与野党は26日、夏の参院選に向け、選挙期間中のホームページの更新を認めるなどインターネットを利用した選挙運動の解禁で足並みをそろえた。

 しかし「参院選での解禁ありき」の議論は否めず、公正性の確保など問題点は山積しており、本格的な解禁は今後の課題として先送りされた。

 ◆待ったなし

 「第一歩を踏み出した点では非常に大きかった」

 各党協議会で座長を務めた民主党の桜井充参院政策審議会長は26日、合意をまとめあげてほっとした表情を見せた。

 桜井氏が指摘するようにネット選挙運動の解禁は、総務省の研究会が2002年にホームページの更新容認を求めてから9年越しの課題だった。ネットに関する議員の理解が乏しかったことや、ネットを使えない有権者への配慮もあり、見直し論議は進まなかった。

 しかし、総務省によると昨年末の国内のネット利用者は9000万人を超えるなど、議員や政党の政治活動もネットの恩恵に負うところも大きくなっている。昨年の衆院選では、民主党や自民党などが「通常の政治活動の一環」と主張して選挙期間中のホームページ更新に踏み切るなど、なし崩し的な「解禁状態」となっており、見直しは待ったなしになっていた。参院選が迫り、今年4月にようやく協議の席についた各党は、文字通りの突貫作業で合意をまとめ上げた。

 ◆抜け穴

 自民党は今年4月、ホームページとブログの更新に加え、メールや簡易投稿サイト「ツイッター」も解禁する公職選挙法改正案を衆院に提出した。しかし、各党協議では、メールについて、民主党などから「誹謗(ひぼう)中傷に使われる」といった慎重論が出て、今回の解禁の対象から外された。「ネットを使えない人にも配慮すべきだ」といった声もあがり、26日の合意は「各党の主張の最大公約数」(自民党幹部)をとりあえずまとめたものとなった。

 与野党は今回の合意を踏まえ、ネット選挙運動に関する具体的な運用指針を近く作成する方針だ。

 しかし、実際の運用には課題も多い。

 例えば、爆発的に利用者が増えているツイッターの扱い。各党協議では「なりすましによる虚偽情報を防げない」といった懸念が出たが、受け手の意思に関係なく送りつけることができるメールと違い、ツイッターは読む人が自分の意思で閲覧するためホームページやブログとの区別が難しい。このため与野党は、ツイッターを解禁対象から除外せず、候補者に利用の自粛を呼びかけることで折り合ったが、今回の与野党合意に参加していない新人候補者らへの自粛が徹底できるかどうか不透明だ。

 また、与野党は、電子メールによる選挙運動の解禁を今回見送ったが、膨大な情報がやりとりされるネット空間で、こうした禁止事項が守られているかを確認することは極めて困難だ。

 与野党は今回の見直しを踏まえ、参院選後に改めて協議を行う方針だ。

JFN配信9月末まで延長 Kiss−FM放送中止を回避(産経新聞)
ネット選挙、夏の参院選からの解禁で最終合意(産経新聞)
岩手県の達増知事「福島氏罷免はまずい。約束守るべきだった」(産経新聞)
伸び悩むW杯観戦ツアー=治安悪さや日本代表不振で―サッカー(時事通信)
ゾウガメ 39年ぶり復活 ガラパゴス諸島(毎日新聞)
[PR]

# by b6uicqt1y5 | 2010-06-03 22:25

小沢氏、郵政改革法案の会期内成立を強調(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は24日、党本部で開いた定例記者会見で、全国郵便局長会(旧全国特定郵便局長会)や日本郵政グループ労働組合(JP労組)の念願である郵政改革法案を今国会で成立させることを改めて表明した。6月16日の会期末まで3週間あまりとなり、国会日程は窮屈だが、民主党は採決強行も辞さずに成立を図る方針だ。

 小沢氏は会見で、「小泉まやかし改革の産物が(自公政権による)郵政の改革だ。全国の郵便局を回っていると、さまざまなひどい実態を聞いている」と述べた。そのうえで「小泉郵政改革は国民に利便も、なんらのプラスもメリットももたらしていない。私どもはそれを正すと約束してきた。全力で今国会中に成立を期すのは当然の任務だ」と強調した。

 郵政法案は衆院で審議入りしたが、「審議日程としては大変厳しい状況」(小沢氏)にある。民主党は6月上旬に衆院通過、ただちに参院審議に入り、会期末までの駆け込み成立を目指している。

 自民党は小泉郵政改革を否定する郵政改革法案に反発し審議拒否戦術をとる可能性もある。だが、与党は衆参両院とも数の力で押し切る構えだ。

 与党側は強引な審議日程のセットや強行採決で世論の批判を招くリスクも抱える。しかし、小沢氏は、予想される参院選の公示日(6月24日)が1カ月後に迫る中で、郵政改革法案を成立させ、郵便局長会やJP労組の組織票を固める方が得策と判断したようだ。

【関連記事】
郵政改革法案、成立約束 小沢氏が郵便局長会であいさつ
「政府出資、問題ない」郵政改革法案で亀井氏が欧米に反論
脅かされるJA、信組の収益源 国家ファンド「財投の復活」
小沢氏、郵政票に秋波 改革法案成立、局長会で宣言
喉から手が出る郵政票 小沢氏、法案成立を約束 
虐待が子供に与える「傷」とは?

水島信金職員、1億円超着服=発覚後連絡取れず―岡山(時事通信)
<医療事故>ガーゼ取り残し、25年後に摘出 長崎(毎日新聞)
供述調書作成せず=大久保元秘書、約4時間聴取―東京地検(時事通信)
乳酸菌飲料「ピルクル」に酵母混入、自主回収(読売新聞)
放鳥トキ、ひな誕生難しく=カラスが卵奪う―環境省(時事通信)
[PR]

# by b6uicqt1y5 | 2010-05-27 18:24

国内各セグメントが伸長し売上高4.4%増―テルモ(医療介護CBニュース)

 テルモは5月12日、2010年3月期(昨年度)決算を発表した。国内では「ホスピタル」「心臓血管」など4セグメントの売上高をいずれも伸ばすとともに、海外でも為替の影響を受けながら売上高を伸ばし、全体での売上高は3160億円(前期比4.4%増)、営業利益は633億円(17.1%増)、経常利益は636億円(21.0%増)、純利益は407億円(10.4%増)だった。

 同社は昨年度、「ホスピタル」「心臓血管」「血液」「ヘルスケア」の4カンパニーで事業を展開。協和発酵キリンと共同開発した、薬剤があらかじめ満たされた注射器「プレフィルドシリンジ」の売り上げ拡大で「ホスピタル」商品が1193億円(前期比4.1%増)、カテーテル商品全体の売り上げ拡大で「心臓血管」商品が392億円(16.5%増)などと伸長した。また、新型インフルエンザの流行に伴う電子体温計の需要の増加で「ヘルスケア」商品が57億円(21.5%増)、血液バッグや成分採血システム商品の好調な推移により「血液」商品が97億円(7.2%増)と、いずれのセグメントも売り上げを伸ばした。これらにより、国内売上高は1739億円(7.3%増)になった。

 海外では、カテーテル商品を中心に心臓・血管領域商品群が欧米、アジアなど各地域でそれぞれ二桁の売り上げ伸長(現地通貨ベース)。海外全体での売上高は、現地通貨ベースだと10.5%増と大きく伸びたが、円に換算すると、伸び率は1.0%にまで圧縮される。

 今年度には、4カンパニーのうち「ホスピタル」から糖尿病事業を独立させ、4月1日付で新たに「糖尿病カンパニー」を発足。同社の広報担当者によると、糖尿病患者は今後、グローバルに拡大すると見込まれていることから、市場拡大に合わせた体制づくりを可能にするのが目的。昨年度の糖尿病関連商品の売り上げは国内で50-60億円、海外で5億円。

 同社では、今年度の予想として全体の売上高は3330億円(5.4%増)、営業利益は652億円(3.0%増)、経常利益は650億円(2.2%増)、純利益は415億円(1.9%増)と予想している。


【関連記事】
テルモと帝國製薬が医療用麻薬製剤で業務提携
未承認医療機器、早期導入の要望を募集―厚労省
医療機器のマニフェスト提言を了承−民主党議連作業チーム
規制緩和で「成長産業化」狙う−民主党・医療機器作業チーム
「医療機器は成長産業」−民主議連作業チームが初会合

<内閣支持率>続落23%「危険水域」近づく(毎日新聞)
<静岡空港>日航福岡便、実績搭乗率64.5%(毎日新聞)
医療・介護連携テーマに6月にセミナー(医療介護CBニュース)
<もんじゅ>排気モニター故障で警報 環境には影響なし(毎日新聞)
重体女児が死亡=逮捕の母親、虐待疑いも―静岡県警(時事通信)
[PR]

# by b6uicqt1y5 | 2010-05-18 22:37

パロマ元社長らに有罪=CO中毒死、執行猶予付き−湯沸かし器事故・東京地裁(時事通信)

 パロマ工業(名古屋市)製のガス瞬間湯沸かし器による一酸化炭素(CO)中毒死事故で、業務上過失致死傷罪に問われた元社長小林敏宏(72)、元品質管理部長鎌塚渉(60)両被告の判決が11日、東京地裁であった。半田靖史裁判長は弁護側の無罪主張を退け、小林被告に禁固1年6月、執行猶予3年(求刑禁固2年)、鎌塚被告に禁固1年、執行猶予3年(求刑禁固1年6月)を言い渡した。
 製品自体の欠陥ではなく、修理業者の不正改造によって引き起こされた事故で、メーカー側トップの過失責任が問えるかが焦点だった。
 検察側は、事故情報を統一的に把握していた両被告だけが全国的な対応を取ることが可能だったのに、抜本的な対策を取らなかった過失があると指摘。過去に死亡事故が多発しており、事故は予測できたとしていた。
 これに対し弁護側は、修理業者は別の事業体で、2人には製品の点検や回収をさせる義務はなかったと主張。注意文書の配布や講習会の開催など、事故防止に必要な対応は取っていたとした上で、「事故は予見できず、回避もできなかった」と無罪を訴えていた。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「パロマ工業製湯沸かし器事故」
パロマ元社長らに判決へ=CO中毒死、無罪主張
パロマ中毒死、11日判決=元社長ら無罪主張
重体の女性が死亡=東京・足立のアパート放火
北ガス、担当者2人に罰金刑=元支店長らは不起訴-14人死傷ガス漏れ・釧路簡裁

首相動静(5月5日)(時事通信)
<小1重傷>捜査車両がはね 兵庫・伊丹(毎日新聞)
<男児遺体>万引きで逮捕の夫婦の車から発見 茨城・高萩(毎日新聞)
女性店長「出て行け」、チェーンソー男退散(読売新聞)
ユズやスダチを試験栽培=気候変動、温暖化に対抗−「生産作物広げる狙い」・山形(時事通信)
[PR]

# by b6uicqt1y5 | 2010-05-11 16:19